プチ家出しましたが電話占いで離婚を踏みとどまりました

夫と保育園に通う息子と3人で暮らしていましたが、結婚当初から夫は自己中心的で、休日は自分の遊ぶ予定を優先し一人で出かける人でした。
話しかけても自分がテレビを見たりゲームをしている時は上の空で、一緒に生活している私がいてもいなくてもどちらでもいいというような態度に感じていました。
子供が産まれてからは子供と一緒に寝ると熟睡できない、仕事に支障が出ると言って一人で寝るようになり、また私のいびきもうるさくて熟睡できないと言って私とも一緒に寝るのを嫌がるようになりました。
休日は子供とたまに遊んでくれるものの、基本的には競馬やパチンコなど自分の遊びの予定を優先して一人で外出したりするので、そんな夫と一緒にいる意味を見いだせなくなっていました。
ある日、夕飯のことで喧嘩になり、味が濃いとか薄いとか、そんな些細なことだったと思うのですが、夫が明日から夕飯はいらないと言いだして、翌日から仕事帰りにコンビニ弁当を買って帰ってきて、帰宅後それを一人で食べるようになりました。
父親だけ一人でコンビニ弁当を食べる光景を子供もおかしいと感じているはずだし、もう本当に一緒にいる意味を見いだせなくなり、子供を連れて実家に帰りました。
実家に帰ってからも夫はのんきにしていて、自分は何も悪くない、勝手に出て行ったのはそっちだというような態度でしたので、これだと戻っても同じことの繰り返しだし、でも自己中心的な夫を変えるだけのエネルギーが自分にはないし、どうしたらよいか途方に暮れていました。
相談する人も近くにいなかったし内容が内容なので、話をきちんと聞いてくれて、何か的確なアドバイスが欲しいと思い、思い切って電話占いを利用してみることにしました。
もちろん初めての利用でした。
電話占いではこれまでの経過をじっくりと聞いていただき、時折細かく質問されながら自分と夫のことをゆっくり話しました。
もちろん離婚も考えていましたが、星占いでみていただいて、結果的には今夫と別れることは得策ではないこと、夫が大きく変わることは期待できないけれど私が変わることはできること、そして自分が傷つかないためにできることなどを具体的に教えていただきました。
電話占いの1週間後に私と子供は夫のいる家に戻り、電話占いで教えていただいたことを日々実践する中で夫が少しずつですが私の気持ちにも目を向けるようになりました。
私が変わらなければ何も変わらないと教えていただき、アドバイスされたことを一つひとつ実践しました。
すると私のほうも徐々に気持ちが切り替わっていき、自分の夫との関わり方にも変化がみられていきました。
夫と自然に会話することができ、夫も以前より家族というものを考えるようになったのではないかと思います。
電話占いを利用して、離婚せずに踏みとどまる決断ができたことは自分の人生にとって良い決断であったと思っています。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です