女が彼氏、男性に胸キュンする瞬間6つ

付き合っている彼氏と一緒にいると、ふとした瞬間にキュンとしちゃいますよね。
相手が意識しているときもあれば、無意識にドキドキさせられてしまうこともあります。
思わず彼氏に胸キュンする瞬間をいくつか集めてみました。

物知りなところを見たとき

彼氏は自分より物知りであってほしいものです。
初めて行くところやよくわからない場所で、彼氏がさらっと的確に助けてくれると、素敵だなって感じちゃいますよね。
下調べをしたのか、それとも元々いろいろなことを知っているからなのか。
どちらにしても、頼りになるな〜とキュンとしてしまいます。
また、テレビやニュースを見ているときに、疑問に思ったことを聞いたらなんでも答えてくれる…といった姿も、インテリでかっこいいですね。
もちろん、こういった男性は知識のひけらかしをあまりせず、聞かれたら答えるというスタンスなので、そこも含めて素敵です。

ちょっと頼りないところを見たとき

彼氏は自分より物知りであってほしいけど、どこか自分が役立てる部分がほしいですよね。
たとえば料理がからきしダメだとか、どこか憎めないおっちょこちょいなところがあるとか、そういった何でもできるように見える男性のちょっとした弱さに女性はキュンとしてしまいます。
姉にはどうしても逆らえないだとか、いつも冷静沈着なのに実は雷が怖いだとか、強面なのに猫や犬などの小動物が大好きだとか。
古典的なギャップではありますが、それでも思わずキュンとしてしまいます。
やって当たり前のような態度をとられてしまうと「わたしは母親じゃないんだけど」とイライラしてしまいますが、甘えるような顔で「お願い」なんて頼まれたら、しょうがないなぁという気持ちでわがままを聞きたくなってしまうものです。

男性らしく力強い姿を見たとき

いくら女性の立場が強くなってきた最近といっても、身体能力では女性は男性に負けてしまいます。
自分には出せない力で、彼氏が自分を守ってくれたときは、キュンとしてしまいますよね。
街で妙なナンパにからまれそうになったら前に出てかばってくれたり、夜遅くなったら家まで送ってくれたり、変な酔っ払いも彼氏がいれば話しかけてはきたりはしません。
また、ちょっとしたことながら、部屋にでた苦手な虫や動物を退治してくれたときには彼氏のポイントがかなり上がります。
女性は男性が守るもの、という意識が当然のようにある彼氏の姿を見ると、この人と付き合っていて良かったな〜と思うものです。

仕事・スポーツに夢中になっている姿を見たとき

何かに夢中になっている姿は、男女とわず素敵なものです。
まして付き合っている彼氏ならば、なおさらのこと。
たとえばスポーツでいうと、男友だちとフットサルをしている姿を見たら、活躍を願って心から応援したくなってしまいます。
また一緒に登山に行った際、疲れてしまったときに男性らしくサポートしてくれると、かっこいいなあと惚れなおしてしまいますね。
夢中になるのはスポーツだけに限らず、仕事に全力をかけている姿もすてきなものです。
仕事で忙しいときに「声だけでも聞きたかった」なんて電話がかかってきたら、かわいくてキュンとしてしまって、次に会う日が楽しみになってしまいますよね。
疲れているから声が聞きたくて電話をかけてくれた、ということが自分が彼氏の癒しになっているようで、嬉しくなってしまいます。

フォーマルな場所でのキメた姿を見たとき

友人の結婚式やパーティーなどに行く際、フォーマルなスーツ姿でビシッと決めた彼氏を見ると、思わずキュンとしてしまいますよね。
いつものカジュアルな格好よりもキマッた姿で、髪型もしっかりセットされていると、まるで普段の彼氏とは別人のように素敵に見えてしまうもの。
一緒に歩いていると、彼氏ではない別の男性といるような錯覚が起きてしまい、胸がドキドキしてしまいます。
そんなときは自分もフォーマルな格好をしているので、彼氏の方でも「普段の彼女と別人みたいだな」と思っているはず。
いつもよりも丁寧なあつかいや言葉でエスコートされた瞬間には、好きになった最初の瞬間のように胸がキュンとときめいてしまいます。

照れる姿を見た瞬間

男性はほとんどがシャイで、なかなか素直な感情を口に出してはくれません。
付き合っている彼氏でも、結婚してからの旦那としても、あまり女性に「好き」や「かわいい」といった言葉をくれないもの。
そんな彼氏がふとした瞬間に、素直な気持ちを言ってくれると「どうしたの?」と不思議になりながらもドキドキしてしまいますよね。
そのあとに照れる姿を見せられたりしたら、思わず抱きしめてしまいたくなっちゃいます。

おわりに

彼氏に胸キュンする瞬間をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
付き合っていても片思いのような感情をもちつづけることが、彼氏と長続きする秘訣のひとつでもあります。
いつまでたっても彼氏に胸キュンとできる瞬間があったらいいですね。